SHOICHI SAKAI
さかい しょういち

坂井 翔一

2011年入社
エンジニア
京都大学理学部在学中に、知人の起業を修羅のごとく手伝いながらWEB制作を覚える。その後大学を中退。零細企業のエンジニアや個人事業などを挟みつつ、妻の妊娠をきっかけに就職活動を開始。2011年に前身のエイジェックスコミュニケーションズに拾っていただく。
  • Qエイジェックスデジタルストラテジーズに入社を決めた理由は何ですか?
    A近かったからです。(流川と同じです)
    あとは、自分の経験を活用しつつ、さらに新しく幅広い経験を積めそうだと考えたこと、面接や選考で接した方々の印象が非常に良かったことですね。入社して10年、その判断は正しかったなって思ってます。
  • Q仕事の中で自分の枠を超えたと思ったのはどんな時ですか?
    A思ったことないです!自分の枠っていうのをあんまり考えたことが無いです。面白そうだなーとか、新しそうだなーとか、難しそうだなーと思ったらだいたいチャレンジして、もちろん結果は色々ですが、どんな結果からも学べることはあると思うので、自分なりに次につなげられればそれでいいかなって思ってます。その繰り返しです。
  • Qどんな人たちと働きたいですか?
    A自分の人生に自分で責任を持ってる人、ですね。意識高くなきゃいけないとかじゃないんですが(私もそういうのはないですし)、自分のことは自分でちゃんとするっていう前提があった上で、お互いのために協力し合うっていう環境を築けてこそ、私も相手のために全力を尽くせるなっていう感じがします。最初から人に依存したり環境のせいにしたりしがちな人とは、あんまり話合わないなって思います。
  • Qエイジェックスデジタルストラテジーズでどんな未来を作っていきたいですか?
    A私たちの仕事って、顧客のビジネスの成功を考えたり、それを実現するための人の動き・システムを考えて作ったりすることなので、顧客や自分たちの「仕事を変えられる仕事」だと思ってるんですよね。で、仕事って人生の一定部分を占めるモノだと思うので、仕事を変えられるってことは人生を変えられるってことだと思います。私たちの仕事に触れた人たち(社内外含めたみなさん)の仕事、人生がちょっとでもいいものになるといいなって思ってます。