UTAKO MANDAI
まんだい うたこ

万代 うた子

2022年入社
コンシェルジュ
京都生まれ京都育ち。奈良女子大学卒。在学中は観光都市としての京都の独自性について研究。7ヶ月間のベルギー留学中にヨーロッパ15ヵ国を巡り、ひとり旅に目覚める。将来の夢は五大陸踏破。大好きな地元である京都と世界を繋ぐ仕事がしたいと思い、2022年にSharing Kyotoに入社。
  • QSharing Kyotoに入社を決めた理由は?
    A「京都と世界を繋ぎたい」という夢を実現できると感じたからです。在学中、賀茂御祖神社(下鴨神社)に巫女として奉仕するなかで、海外の方に日本文化についてお伝えする機会がありました。「私はクリスチャンだけど神道の考え方も素敵だね」と言っていただいたのがとても嬉しく、大好きな地元と世界を繋ぎたい、と考えるようになりました。この会社ならそれができるかも!と思ったのが入社の決め手です。
  • Q仕事の中で自分の枠を超えたと思ったのはどんな時ですか?
    A悩みながら進めてきたプロジェクトを通じて、お客様に喜んでいただくことができた時です。入社とほぼ同時にプロジェクトを任せていただき、正解がわからない(どこにもない)なか、先輩方のお力を借りて企画を進めてきました。実際にお客様にサービスを提供したところ、Sharing Kyotoに出逢えてよかった!と言っていただくことができ、私たちがやろうとしていることは間違っていなかったんだ!と自信になりました。
  • Qどんな人たちと働きたいですか?
    Aどんな状況でも前を向ける人と働きたいです。Sharing Kyotoは、きっと皆さんが考える以上に発展途上の会社です。私自身、「あ、それもまだ決まっていないのか!」と思うこともしばしば。そんな状況を楽しめる人と一緒に頑張りたいです。
  • Qどんな未来を作っていきたいですか?
    A京都に住むひと、京都に来たひとみんなが幸せになれる未来を作りたいです。京都で生まれ育った私は、人一倍オーバーツーリズム問題に敏感で、インバウンド事業に携わることにも葛藤がありました。でも今では、Sharing Kyotoがこの問題を質的に解決できると考えています。お互いが思いやりや尊敬の気持ちを持つことで摩擦は減り、みんなが京都で楽しく過ごせる。そんな未来を作ることが目標です。